スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
さくらんぼ


「つるちゃんて、さくらんぼ食べる人でしょ」

桜が咲き始めた、うららかな春の昼下がり。
ペコちゃんが店頭で首をふりつづける浜田山の不二家で
私がプリンアラモードを食べているとき、
向かいに座っていた彼が言った。

それは今から7年くらい前の話。
そのころ私は就職したてで、引っ越しを考えていた。
たまたま行った不動産やで、ヨン様よりめがねが似合う、
高橋克典似のイケメン不動産やさんと会った。

私は初めて会ったときから彼のことを好きになってしまい
向こうも私の気持ちに気づき、
時々、プライベートでも連絡をとったり会うようになっていた。
そのときも、彼から突然電話があり、
「近くまで営業にきたから、プリンアラモードごちそうするよ」
と誘われて、ふたりで不二家にいったのだ。

五つ年上で、会うたびパリっとスーツ姿で、たばこを吸ったり
車を運転する姿が素敵だった。
今まで、身近にそんな「大人の男」がいなかったから、
私はめちゃめちゃ好きになっていた。
だから緊張して緊張してプリンアラモードを食べていた。
プリンのイチバン上にのっていたさくらんぼをプリンの横によけて。

「俺、プリンアラモードとかについてる、さくらんぼ絶対食べないよ
 だってさ、こういうところのって缶詰じゃん。
 缶詰のさくらんぼって
 何が入ってるかわからなくない? こんなに真っ赤でさ、絶対体に悪そう!!」

とたばこを吸いながら断言する彼。

「でもさ、つるちゃんは、こういうさくらんぼ、好きでしょ!
 絶対食べる人でしょ!!」

と続けた……。

いわれるまでもなく、私はさくらんぼを食べる気マンマンだった。
何を隠そう、好きなものはイチバン最後にとっておくタイプだ。
このさくらんぼはあとで食べようと思って、プリンからどかしておいたのだ。

しかし……

「え〜! 私も食べないですよ! 
 だって、体に悪そうじゃないですか〜!!」

と、お皿の上のさくらんぼを、さらにはじっこにいくように
必死で追いやる私。
本当は食べる気マンマンだったさくらんぼを、
泣く泣くすみっこに追いやってみせた。

私のそんな姿をみて「え〜?本当に?絶対好きそうなのにな」と
信じられない様子の彼。
「そんなこといわないで食べてみたら?」(←今思うと、バレてた?)
と勧める彼の言葉にも耳をかさず、最後までさくらんぼを食べず
店をあとにした……。

もう7年も前のことなのに
いまでもあのときのさくらんぼを思い出すと胸が痛む(笑)。
そしてあれ以来、私は缶詰のさくらんぼを食べなくなった。
時々パフェやジュースにはいっているさくらんぼを
いつもなんとなく残してしまう。
これも一種のトラウマか?!

今思うと、"俺は「食べない」けどつるちゃんは「食べそう」"って
オイオイ、どういう意味だよ……( -_-)

今日、新鮮な真っ赤なアメリカンチェリーのタルトを
たべながら、ふと思い出した出来事。

| つるち | *恋バナ* | 00:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:51 | - | - |
題名だけみて、大塚愛の話かと思った。
(↑彼女、最初拒絶したけどいまは結構好き。)
あとラジオで福山が、
「俺が最近したこと。。。髪パーマかけて、白いシャツ買って、めがね変えた。。。これ、『ペ』寄りじゃん!」ていってた。ぺ。うけた。
| シミヤ | 2004/06/27 1:47 PM |
思うに〜さらさらヘアに眼鏡って「萌え」よね。
うちのデー輔もさらさらヘア+眼鏡、そしてアジア系の顔
(バリでもバリ人に「アーユアコリアンアクター?」と
話しかけられていたらしい。笑)とよくいわれるのに
『ぺ』にはならないのはなぜなんだろうか……( -_-)
| つるこ | 2004/06/27 3:23 PM |









http://tsuruchi.jugem.cc/trackback/49