スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
失踪届
我が家(実家)では
携帯電話に半日でないと
「誘拐された!」「事件に巻き込まれたかもしれない!」といって
家族中が大騒ぎする傾向がある。

先日も姉一家が
携帯電話が鳴っていることにきづかず
ディズニーランドで一日中遊びほうけていたら
夕刻父が「トモミ(姉)が電話にでない…」と騒ぎはじめ母に通報。
すると母が私に電話をかけて
「トモミが電話にでない…
 夫が出世しないことを苦に無理心中しているんじゃ…
 孫を道連れにされては困る。勝手に死んで欲しい」などと
仮想ストーリーが展開されていた。

結局、やっと電話に気づいた姉が
ヘラヘラと電話をかけてきて父に怒られ、
姉の旦那が
「出世できないことを苦に一家心中するような男だったら
とっくに出世してるよぅあはははー」とのんきに
発言して終わった(その言動が出世できないことを象徴している)

そんでもって先日。

朝、おかんから
「おかんの携帯壊れた。ドコモショップの電話番号教えろ」と
電話がきた。
もちろん「104」と教えた私。

そして夕刻、兄から電話。

「おかんが電話にでない!(゚Д゚;)」

私 「あ〜携帯壊れたって言ってたよ。家に電話した?」
兄 「したよ。姉にも電話したけど出ないんだよ…」
私 「車はあったの?」
兄 「車なかった」
私 「じゃあどっか出かけたんじゃない?ドコモショップとか」
兄 「誘拐されたのかもしれない…
   今日、家の鍵を閉めたはずなのに、母が鍵が開いていたと
   怒って電話してきたんだけど、
   あれはもしかして泥棒だったんじゃ…」
とやはり仮想ストーリーを展開する兄(さすが母子)

1時間後、のんきにマッサージに行っていた母が帰宅し
無事、生存確認がとれ終了。
どうにもこうにも、
我が家は、半日電話に出ないだけで大騒ぎするんだね〜と
笑った。

そして今日……!!

うっかり朝、携帯電話をおいて出かけてしまった私は
夕方、走って帰宅。
「今頃、実家は大騒ぎかもしれない!
お父さんに怒られるぅ」
「デー輔が電話かメールしていて
出ないから心配しているかもしれない!」と思いながら家に戻り
あわてて携帯を手にとると……





着信0件。







(´Д⊂グスン
| つるち | *鶴岡家は変だ!!* | 20:01 | comments(10) | trackbacks(0) |
前言撤回
私はつねづね、兄の結婚について心配してきていた。

あまり自らの恋愛については語らないゆえ
私は彼は数年前の破局以来、彼女がまったくできないのだな…と
思い、これまで幾度神社で
「お兄ちゃんに彼女ができますように!」
「お兄ちゃんが幸せになりますように」とお祈りしたことか(マヂで)

以前私がぜひぜひおつきあいしてもらいたいと願っていた人と
ダメになったときは
「私はもう結婚したので
 私が被るべき恋愛や結婚の幸せをお兄ちゃんにわけてあげてください」
などと願ったものである(マヂで)

ところが、私の知らないうちに
ニーチャンには彼女ができていて
かなりラブラブ。
しかも「お前と違って料理がうまい」
「お前と違って綺麗好き」
「お前と違って働き者」などと言うではないか!!

ふんぬーヽ(`Д´)ノプンプン

神様
私が被るべき恋愛や幸せの恩恵、
兄ちゃんに譲るといったぶん
ぜんぶ私に返却してくださいネ!!

| つるち | *鶴岡家は変だ!!* | 00:23 | comments(3) | trackbacks(0) |
初めてのひとり暮らし
今朝、めざましテレビで
「はじめてのひとり暮らし、親から送られてくる
宅配便の中身は?」という特集をやっていた。

段ボールの中身は人(各家庭)それぞれ。
もりだくさんの野菜だったり
お母さん手作りのりんごのケーキだったり
「防犯用においておけ」とお父さんが仕込んだ、お父さんのパンツ、靴だったり、
そして「元気で気を付けてね」という手紙だったり。

どの子も目がうるうるしていて
親の愛情に感動していた。

わかる!わかるよ!
私も初めてひとり暮らしをしたときはそうだったナァ。
解放感と新生活への不安とひとりぼっちのさみしさが混ざって
複雑な心境だった。

初めてひとり暮らしを始めた日、
荷物の整理をしながらひとりで部屋にいたら
一日に何回も
「あ、お母さんだけど〜もうごはん食べた?」とか
「お父さんいまテレビ見てるんだけど〜」と
意味もなく電話をかけてきて
ふたりの心配が伝わってきて
ちょっと泣きそうになったものである。

幸いにも私の場合、
すぐに同じマンションで同じ大学の友だちができたのと
私が住んでいた横浜に、
同じ高校の先輩が3人、やはり進学で引っ越してきていたので
2,3日で淋しいという気持ちはなくなってしまったのだけど。

今思えば、あのころ毎週のように先輩たちから電話があり
「ひとり暮らしの私を心配してくれているのか!」と思っていたが
先輩たちも初めてのひとり暮らしで淋しかったに違いない。
きっと彼らも誰かと話していたかったのだろう
(彼らは浪人だったので、同じく初・ひとり暮らしでした)。

さて話を段ボールに戻そう。
この高校の先輩たちにもやはり親からの段ボールが届けられていた。
こっちでも買えるトイレットペーパーだの洗剤だのお菓子だのが
入っている、と先輩はぶうぶういっていたが
みんなは「それがいいんじゃない!親の愛じゃない!」と騒いだ。
先輩がぶうぶう言っても、その後も
先輩の親はせっせとコンビニに足を運んで
宅配便を送りつづけていたらしい。

元同僚のちなっきーは、
おかんから送られてきた段ボールを開けると
パンツなどのおしゃれ下着が入っていたので
「おっ! おかん、やるな」と思っていたら
パンツすべてに「ちなつ」という名前が記入されていたらしい。

ともかく中身が問題ではないのだ!
親が子供を思い、何かのたしになればと段ボールにせっせと
贈り物をつめる行為が尊いのである。

んがしかし。
私はいっさいおかんから宅配便を送られたことがない。
あるときおかんに尋ねてみた。
「ねぇねぇ、どうしてウチは宅配便を送らないの?」

するとおかんは一言

「そんなもん、現地で買ったほうがやし!(=安い)」

親の愛をかんじた瞬間であった( -_-)
| つるち | *鶴岡家は変だ!!* | 09:01 | comments(6) | trackbacks(0) |
れもんがす
先日、実家に帰ると
おかんが

「チュッチュクチュー チュッチュクチュー
 レモンガス!」

とわけのわからない歌を歌って踊っているではないか!

CMでやっていると言い張っているのだが
とにかく奇妙な踊り。
そして歌って踊る子がぶさいくな顔で
首を傾げながら意味不明な単語をつぶやいて
踊るのだと説明する。

やがておとうが帰宅すると
おとうまで

「こうだよ、こういうCMだよ。
チュッチュクチュー チュッチュクチュー 
レモンのにおいはし・な・い!」

といって体を傾けて左手でリズムをとって踊る。

彼らいわく、とにかく奇妙な踊りを「ちゅっちゅく」いいながら
歌う子供のCMらしい。

して今日、その全容が判明しました…


http://www.lemongas.co.jp/cm/download.html




踊りじゃなくてDJやってるだけじゃネェか!


…しかもリズムがあんたたちの歌とは全然違うよ。
| つるち | *鶴岡家は変だ!!* | 00:16 | comments(8) | trackbacks(0) |
りーちゃんの特技


りこは人差し指がまぁるく反り返る。
第二関節も第一関節も90度ちかく反り返るのだ。
子供だからできるのかな、と思ったら
そうでもないらしい。

笑っていいとものチャンピオンのコーナーが
まだあったら出そうかな…
| つるち | *鶴岡家は変だ!!* | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
うな重
今日、おとんとおかんと
鰻屋で夕ご飯を食べました。

座敷に座ってもくもくと食べながら
デー輔の夕ご飯のぶんも、と、おみやげを一人前オーダー。

しばらくして

店員 「おみやげできました〜。こちらに置いておきますね〜」
(店員去る)

おかん(私の食べ終わった鰻重の箱をみて)「……あんた、うなぎ残すの」
私  「お母さんも残してるよ…」
おとう「お父さんもごはん残したぞ」

おかん「デー輔のおみやげの中に、残り物いれちゃおうか」
おとう「そうだな、お父さんのごはんもいれていいぞ」
私  「やめてよ! 綺麗な姿で(うな重)もってかえらせてよ!」
おかん「とりあえず、おみやげのフタ開けてみようか」
私  「なんで開けるのよ!」

おかん「(ぱかっとフタを開けて)ほら、ここのスキマにその鰻のせて…
    ここにごはん詰めれば…ほらほらほら


ホラホラホラじゃないから!

鰻重が残飯に……!


| つるち | *鶴岡家は変だ!!* | 22:32 | comments(7) | trackbacks(0) |
姉とソンスンホン
うちの姉はミーハーなので
現在見事に韓流ブームに踊らされている。

彼女の最近のお気に入りは「ソン・スンホン」
先日、兵役逃れが発覚して韓国で大騒ぎされている俳優だ。

そのニュースが流れたとき
私はひやかしはんぶんで
「あんたの好きな俳優、兵役逃れで逮捕されたんだって?」と
メールした(正確には時効で逮捕されず、出頭しただけ)。

すると姉の返事は
「そうなの!ソンスンホンよ。私の一押しなのに
俳優生命の危機なんて……ひどいわ。
私はずっと応援していますって伝えたくて
さっきからホームページをみてるんだけど
アクセス殺到でつながらないの。
韓国語で書かないと読めないかな、韓国語勉強するか、
なんて考えている私」
と熱のこもった答え。

ドンびき。

35歳の子持ちがまるで中学生のジャニーズファンのようだ。

ソンスンホン
http://www.songseungheon.jp/index2.html


| つるち | *鶴岡家は変だ!!* | 21:48 | comments(2) | trackbacks(1) |
木更津の映画館
映画館といえば、思い出す出来事が。

ウチの実家は水道屋だったので、子供のころから、
トイレは当然、洋式の水洗便所。
しかし当時、木更津のあたりでは
いわゆるくみ取り式の「どっぽん便所」の家庭やお店も多く、
映画館も「どっぽん便所」でした。

私が初めて映画館にいったのは
小学校1年(6歳)のとき。
映画の最中トイレにいきたくなり、
一緒にいったお姉ちゃんに連れて行ってもらった私は
入るなり驚愕。

ト、トイレに穴があいている!!!!(◎o◎)

穴の奥をそーっとのぞいてみたり
しばらく用を足せず、遠巻きにながめながら
どのように使うべきか考え込む6歳の私。
とりあえず穴の中に物体が落ちてる(笑)ので
穴に落ちないよう、びくびくしながら用をたす。
なぜトイレットペーパーではなく、わら半紙みたいな黄色い紙が
おいてあるのか。

なんとか任務を完了し、
この衝撃を伝えようと急いで姉のもとに走ると
「お姉ちゃんもトイレにいっとこう」とトイレに入ろうとする姉。

そこで私は思わず姉の身を案じ

「お姉ちゃん、
ここのトイレ、穴が空いてるよー!!!!!
危ないから気をつけて〜!!!!!」


と静まりかえる映画館で絶叫したのでした…。

お姉ちゃんは顔から火がでるほど恥ずかしかったらしく
それから二度と映画に連れて行ってくれませんでした…。

ああ青春の思ひ出。
ちなみにこっちの下ネタ系はほかにも「温泉編」という伝説を
持っています♪
ちなみに今、うちの姪と甥はウォシュレット付きの洋式トイレを
普通だと思っているので、これから先彼らがトイレで
出会うであろう衝撃を案じます。
最近の子はほとんどそうなんだろうなぁ…。




| つるち | *鶴岡家は変だ!!* | 08:29 | comments(4) | trackbacks(0) |
京都番外編
さて京都ブライトンホテルでりかぽと旅の疲れを癒している頃、
私の携帯が鳴った。
見ると、父からのメール。
内容は

「タイトル 美味しいチョコレート見つけた
 丸の内オアゾで美味しいチョコレートを見つけた。
 それはDebailleulといいます。
 ひとつ250円から300円ぐらいで高いけど
 それはそれは本当に美味、
 宏(私)にご馳走しようと奮発して買ったが、残念、
 宏は京都だ。おとんより」


はぁ!?

ちなみに普段、父はめったにメールを送ってこない。
そこで私は「くっそーこれはわざとだ! いやがらせだ!」と
悔しがりながらも「チョコは腐りませんから、とっておいてください」と
低姿勢な態度で父に返事した。

翌日、有名な「鍵善」というお店で
くずきりを食べていたとき、ふと、私はおとうがくずきりなどの
和菓子類が大好きなことを思い出した。
そこで…

「タイトル おいしいくずきり見つけた
 京都で美味しいくずきりを見つけた。
 その店は鍵善といいます。一つ900円と高いけど
 それはそれは本当に美味、お父にご馳走しようとしたが、
 残念、みやげは売っていなかった。 宏」

とメールしてやった(ニタリ)

するとその夜、父からまたメールが……!

「タイトル おいしいくずきり食べたい
 くずきりの夢をみた。鍵善で宏が腹一杯食ってもおとうには
 見せびらかすだけで食べさせてくれない。 
 とうとう狂ってしまう、それを見てニタリと笑う宏。
 そこで目が覚めた。
 そうだ、冷蔵庫のチョコレート腐りそうだから
 食べてしまおう。うまい、うまい、宏に残してやれなくて残念。
 おみやげは売っていなかった? おとうより」

……。


父は強し。
こうして父娘の戦いは続いていく…。

| つるち | *鶴岡家は変だ!!* | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
癒される瞬間




| つるち | *鶴岡家は変だ!!* | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |