スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
帰宅
家に帰ったら



「おかえりっぴー デースケ」という
置き手紙とともに残されていた一品。

しかし本人の姿はナシ。
もしかして式神?!


| つるち | *チャララ〜そうだ旅にでよう* | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
帰京
なんと帰りの飛行機は……




昔、編プロで働いていたとき
カメラマンから「つるちゃんて何かに似てるって俺ずっと思ってて…
ふだんとろいのに時々素早く動いたりする動作とか…
最近気づいたんですけど、ぴかちゅうだったんですよ…」
といわれたことがある私は
仲間(=ぴかちゅう)を見つけて大喜び。

おそらく子供しかもらわないであろう
ぴかちゅうハガキをもらって大喜び、
機内で出されたぴかちゅう紙コップも
張り切ってキメてきた(=同義語 がめる、ぱくる)



写真をとってうかれる私にりかちゃんは
「つーちゃん、木村佳乃に会えたこととぴかちゅう飛行機、
どっちが嬉しい?」と尋ねてきた。

しばらく考えてから
「う〜ん、ぴかちゅうかな?」と答えると
りかぽは「あいた口が塞がらない!」という顔をして
私の顔をみていました…。


| つるち | *チャララ〜そうだ旅にでよう* | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
神戸たび日記


京都でお寺、神社、甘味処をまわって
京都に住む友だちとつかの間の再会をしたあとは
神戸へ。

観覧車やビルがならぶハーバーランドの夜景を眺めていると
京都では和の文化ばかりに触れていただけに
急に文明開化した気分。



しかし神戸は一日しかいなかったので
南京町を散策して有名な洋菓子を食べて
おみやげを買ったぐらい。

ガイドブックでどこの洋菓子家にいくか選んでいるとき
私はひとつのケーキに一目惚れ。
ぜったいにコレを食べるわ!!と心にきめ
「パティスリー・グレゴリー・コレ」へ。



上はパリパリのミルクチョコレートで
中の丸いクリームは紅茶の味。

ちなみにこれってマニアックな知識ですが
「ハッスルでいこう」(今おもうとこのタイトルやばい)
という漫画があるのですが
おそらくこの漫画でパティシエを目指す主人公が考案したケーキとして
参考にされている一品のはずです。

すっごくおいしかった(^◇^)
おそらく私の人生のなかでベスト3に入る一品…(またかよ!)

さてお店に入ったときから
コレを食べると決めていたために他のケーキに目もくれなかったけど
帰り際ショーケースを見ていたら
ココット型のフロマージュのケーキを発見。
うわーこれも食べたい!!と思ったけど
時すでに遅し。
お会計済みで今回は泣く泣く諦め次回へ…。

またいくど神戸!!

| つるち | *チャララ〜そうだ旅にでよう* | 08:50 | comments(3) | trackbacks(0) |
下鴨神社のススメ


下鴨神社について
木村佳乃で終わってしまったので補足。

ここの神社は、風水学ではけっこうなパワースポットと
評されているそうで、とくに恋愛運によいそうです。

私は神社好きなので
知らない土地にいくとかならず神社に足を運ぶけれど
ここの神社は私がいままで行ったなかでもベスト5に入るくらい
「いい」神社でした。

お参りの仕方としては
本殿→十二支で自分の干支の祠を→本殿となりにある水のわき出るところを
お参り、するとよいそうです。

私たちが行ったときは平日だったせいか人も少なく、
おまけに本殿となりの水のスポットはあまり人が気づかないのか、
誰もいませんでした。

おかげで、あの空間をりかぽとふたりだけで独占。
しばらく水辺に座ってぼーっとしていました。
お水はとても冷たくて気持ちがよく、
さらさらと流れる水音だけが響く静かな空間でした。

さてここでオススメなのはおみくじ。
普通のおみくじと恋みくじがあります。
普通のおみくじは、願い事、待ち人、仕事、家移り…など
書いてあることはごく普通だけど
きちんと下鴨神社の写真入りで、かつ海外の著名人のお言葉が
おみくじの中に書かれているという、珍しいものでした。
恋みくじは、源氏物語にでてくる短歌が書かれていて
その他、託宣のようなものがふたつ書かれているだけです。

ちなみに私の恋みくじは
どんなことがあろうとも彼の心はあなただけ」(←笑)
りかぽは
「あなたを想う人がすぐ身近にいます。あとはあなたが応えるだけ」
でした。
さておみくじは当たるでしょうか??


| つるち | *チャララ〜そうだ旅にでよう* | 08:31 | comments(0) | trackbacks(1) |
京都番外編その2
さて、今回はウチの高校で美女と誉れ高い「りかぽ」と
ともに旅行したせいなのか、関西の人は関東よりフレンドリーなせいか
行く先々で、おじさんたちに声をかけられた。

相国寺では
ダウンタウンのまっちゃん似のオヤジが
「どっからきたの〜観光やろ?
 京都もな〜夜とか危ないから、ふたりで出歩いたりしたら
 いかんで〜」としきりに心配してくれたり
神戸では歩いてるときに
「おじょうちゃんたち、学生さん?OLさん? 
 若い子はホンマかわいくてええな〜」と声をかけられ
三十路前の私たちを有頂天にさせた。

しかし、
事件は八坂神社で起きた。

八坂神社には「ご神水」とよばれるわき水があり、
それを飲むと金運がよくなると聞いた私たちは
喜び勇んで井戸水のほうへ向かった。

するとそこには「このお水は煮沸してからお飲みください」と
いう張り紙が!
「え? 飲んじゃいけないの?」と二人でためらっていると
どこからともなくオヤジが現れ
「飲んでも平気だよ。建前でこう書いてあるだけ。
 俺なんて毎日、このままペットボトルにいれて飲んでるけど
 全然大丈夫だし、地元の人はみんな飲んでるよ〜」と
いい、私たちに飲め飲めと勧めた。

勧められるまま、お水を飲もうとするりかぽ。
するとオヤジは私に「このお水飲むと綺麗になるっていうから
飲んだらいいよ」と言った。
そのとき私は心のなかで
「今は綺麗じゃないってこと?!失礼ねぇぷんぷん」と
少々思っていた。

りかぽに続いて私がお水を飲もうとしたそのとき、
オヤジはりかぽにむかってまた言った。
「このお水飲むと綺麗になるっていうから
たくさん飲むといいよ…」と。
「また言ってるよ、しつこいなぁ」と私が思っていると
オヤジは微笑むりかぽに向かってこう続けた。

「おじょうちゃん、それ以上綺麗になったら困っちゃうかぁ〜!!」

ええ!
私のときにはっ、そんな言葉ありませんでしたけど!!(゜◇゜)ガーン




フレーフレーつるこ。
がんばれがんばれつるこ。

| つるち | *チャララ〜そうだ旅にでよう* | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都たび日記その2


相国寺

ふだん未公開の「鳴き龍」が期間限定公開されているので
見学にいかれてはどうですか? と京都ブライトンホテルの
鉄板焼きのお姉さんがオススメしてくれたので
いってみました。
(ちなみにお昼はブライトンの『ひもろぎ』で
牛フィレランチ食った〜(*^^)v 『ひもろぎ』は超美味♪
おまけに料理人がミスチルの桜井似のイケメンだった。
桜井ファンは一見の価値ありです)

相国寺にいったのは、平日の午前中だったので
ゆっくり説明をきくことができた上に、鳴き龍の声も
自分で手をたたいて音を確かめることができ、貴重な体験♪
(★ここでは天井に描かれた鳴き龍の目の下に立ち、
その下で手をたたくと、音が天井に響いて振るように下に
返ってくるというのを楽しめる)

そのあとはしばらくりかぽんとお庭を堪能。
ふだん味わうことのない静かな空間に
どろどろとした感情や日常の煩わしい出来事とか
すべて洗い流されるような気持ちになりやした…。


| つるち | *チャララ〜そうだ旅にでよう* | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都たび日記♪


下鴨神社

ここでなんと女優の木村佳乃さんに偶然、遭遇!!
雑誌の撮影をしていたようで、着物姿でメイクもばっちり。
撮影後にせっかくだからお参りしよう、ということになったのか
境内をうろうろ、マネージャーやメイクさんらしき人に
携帯で写真をとってもらったりして、ニコニコしてました〜。

私とりかぽは、「きむらよしのよ〜びっくり」と大興奮。
後ろをついてまわり、その美しさにうっとりときめき
きゃぁきゃぁ騒ぎ、あとをついてまわる私たちに
にっこり手をふってくれました…いい人…。

あ〜なんかいいもん見たラブ
どうしたら、あんなに涼やかで綺麗(まさにこの漢字がピッタリ)で
いられるんだろう?!
すっかり憧れてしまいました…

写真とりたかったけど、もちろんNGでしたしょんぼり

| つるち | *チャララ〜そうだ旅にでよう* | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
嵐を呼ぶ女
最近気づいたのだが
私は旅行にいくとき、台風が直撃することが多い。

たとえば
デー輔とつきあいはじめのころ、
初めて二人で日光へ行ったとき。
1日目はなんとかもったものの、
2日目は台風直撃の大雨で予定を早めて帰宅した。

そして新婚旅行でバリへいく日も
台風が関東地方へ直撃する日で、
たまたま台風の進路とバリ行きの空路がそれていたため
飛行機は無事飛び立てた、という状態。

先日、河口湖へ旅行にいったときも
初日が台風とかぶっていて
大雨のなか高速を走って、大雨のなか露天風呂に入った。

で、いま、刻一刻と近づきつつある台風……

30日から京都へいく予定です!!!(≧▽≦)

ともに旅するりかぽんは
「つ、つーち、た、台風…」という青ざめたメールを送ってきたので
「これこれこういうワケで私は嵐を呼ぶ女ハート」と
返事したら
「嵐を呼ぶ女なのハートなんて言ってる場合じゃなか!」と
本気(マヂ)モードで叱られた。

無事旅立てるかこうご期待ラブ
| つるち | *チャララ〜そうだ旅にでよう* | 23:27 | comments(6) | trackbacks(0) |
館山のおいしいお寿司やさん


昨日館山の友達の家にあそびにいった。
その晩、地元民に人気の有名お寿司やさんへ連れて行ってくれた。

シメサバ激ウマ!!

何を食べてもおいしいし
しかもお店の座敷からは夕陽の沈む海まで見えてムード満点。

今度いったら1カン1300円のトロのあぶりやき食べるど!

★写真は地元の漁港とれたての地魚の盛り合わせ
魚富鮨 館山市布良300-6 
| つるち | *チャララ〜そうだ旅にでよう* | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
夢殿


先日、デー輔と河口湖の「夢殿」という温泉旅館にいってきた。

これは今年のはじめごろ、オズマガジンの温泉特集号を読んでいたら
「温泉旅館宿泊券プレゼント」と書いてあり、
その日たまたま朝のめざましテレビの占いで
「射手座のあなた 懸賞があたるかも!」といわれたので
ためしに応募してみたら、本当に当たったのだ。

というわけでタダでひとり一泊3万数千円の宿へお泊まり。

3万数千円のお宿、ということで、かなり期待していったものの
ところどころ障子に小さい穴があいていたり
お部屋についてる露天風呂の傘が折れていたり
旅館の質ははっきりいってイイとはいえない……
確かに普段とまるような一万数千円の宿にくらべたら
広いし、キレイなほうだけど
「これで3万円…??」とふたりで首をかしげる。

が、しか〜し!!!

値段が高い理由は、「食事」にあったのだ!!

夕食の献立表は

「先付 石川芋と麩豆打合え
 前菜 ほっき貝と蛸のマリネ
 鱧  くずうちのお椀でどうぞ
 牛刺身 甲州牛のユッケ風刺身
 鮎  鮎の塩焼き
 車海老 海老しんじょで
 地鶏 白いか 地鶏つくね焼き 白いかの塩焼き
 甲州牛 トマト煮にしてみました
 山形県 黒沢さんの夢ごこち米 新蓮根、新ごぼうの炊き込みごはん
 デラぶどう キュウイ さくらんぼ
 
 高品質の素材とその優れた生産者に敬意を払って調理いたしました
 夢殿料理長 沼崎 勇」

と、書かれていた。

……最後の一文に嘘はなかったよ、沼崎さん…。

どれをとっても今までに食べたことのない美味しさ!
厳選された新鮮な食材、
主張しすぎず、素材の味がひきたつような丁寧な味付け
できたてで温かいうちに食べる料理の美味しいことといったら!!!

イタリアンのコースだったらたくさん食べられるけど
和風懐石はあんまり食べられない…はずの私が
ほぼ全品ぺろり♪
さすがに最後の甲州牛のトマト煮あたりから
苦しくなってしまったけれど
おなかが苦しくなければ全部食べたいよう…残したくないよう…(; ;)というほど
おいしゅうございました。

甲州牛のトマト煮の器(かぼちゃ)、
器なのに、いままで人生で食べたかぼちゃの煮物のなかで
いちばんおいしかった。
翌朝の朝ご飯も驚愕の旨さ。
胡麻豆腐なんてこの世のものとは思えません。
「この食材ってこんなにおいしかったんだ!!」との
驚きの連続!

は〜思い出したらまた食べたくなってきたよ。
おそらく、立ち寄りでもご飯だけ食べることができると思うので
河口湖にお越しの際は
皆様ぜひ一度おためしアレ。

夢殿→ http://onsenji.com/yumedono.htm
(たぶん「馳走庵」というところで同じモノが食べられるはず)






| つるち | *チャララ〜そうだ旅にでよう* | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) |