神秘体験つづき
前回、旅行のことを書いたブログで
「神秘体験はまだまだ続くのでした」「つづく」と書いたものの
べつにブログに書くほどのことでもないかと思ってきてしまった私(w

しかし宣言したのでつづきを書きます!!

★出雲大神宮のあと→すき焼きを食べに祇園へ移動。

お店の予約時間まで小一時間ほど余っていたので
京都在住のお友達が「当たる占い師がいるからいってみよう」と。

しばし並んで見て貰うと
まず「男をみる目がない」とバッサリ切り捨てられる。
しかし「あんたたちは一生添い遂げます。
腐れ縁なので別れません。
だからトラブルが起きたときは、
どうしたら仲良く暮らしていけるか
お互い譲り合って考え合って生きていきなさい」と…。

これのどこが神秘的かというと
実は「腐れ縁なので別れません」と言った占い師は4人目!!
そしてこれは椿大神社でひいたおみくじの内容とも
あてはまっています。

私は最近思うのだけど
占いもおみくじも当たる当たらないが大事ではなく、
その時に必要な言葉を授かるためにするものだと思うのです。

なので旅行中ずっとそんな言葉を言われ続けたのも
何か理由があるのかなぁとぼんやり考えました。

★倉敷で会った不思議なおっちゃん。

今回旅行の移動途中に立ち寄った倉敷。
美観地区なる昔ながらのお屋敷の並ぶ川沿いを歩いていると
突然不思議なおっちゃんが大きな声で私たちを呼んだ。

見ると指輪売りのおっちゃん。
なんでもおっちゃんの指輪をもっていると
幸せになれるらしい(信憑性はいかがなものか)

しかもおっちゃんはさまざまな人からお礼の手紙が届いていると
手紙の束を見せたり、写真を見せたりする。
指輪の模様もかわいかったので
自分のぶんとデー輔のぶんを購入しておっちゃんと別れる。

しかしその数分後、デー輔の指輪のサイズを確認すると
私が購入したものと2号違っていたので
交換してもらおうと戻ってみると…

おっちゃんの姿はナシ。

消えていたのだ!!
…って単に店をたたんで家に帰っただけだと思うが。

しかしおっちゃんは松葉杖をついていて
しかもあれだけ商品を並べていたのになんという帰り支度の早さ!!

川沿いの橋の下にいたところがまた
安倍晴明の式神を彷彿させ(←私だけ?)神秘的でした。

さてこの指輪には後日談があり。

私はシルバーだと思っていたのですが
実はメッキだったらしいびっくり
それを聞いて私はすっかりつける気を失っている(笑)

しかぁし、デー輔は
「この指輪をつけていないときにスピード違反で警察に捕まった」
とか
「この指輪をつけていないときに熱を出して具合が悪くなった」
とか言って
今も指輪をはめながら、ウロウロしています。

★最後に…

今回知る人ぞ知る「金運お守り」を3つ買いました。
某有名な方が「この金運お守りの効果はスゴイです!!」と断言していた
お守り。

ひとつはマイミクのUちゃんに
あとのふたつは自分&デー輔用に落ち着きましたが…

なんとUちゃんの金運はみるみる上昇しているそうです。
Uちゃんいわくそのぶん出費もしているのでトントンらしいのですが。

ちなみに金運の本当の意味、みなさん知っていますか?
金運っていうのは「お金が入ったり出たりする運」のことなので
お金がたまらないんです!!
でもお金には困らない、らしい。
お金をためたい場合は「貯蓄運」といってまた別物の運なのですよ。

ちなみにうちのデー輔もボーナスが去年よりチビっとあがったのですが
あがった分スピード違反で没収される予定です(w

いまのところまだ金運効果が出ていないのは私だけ?
というわけで明日からこの「金運お守り」を肌身はなさず
持ち歩いてみようと思いまーす。
効果があったらまた報告します!

★おまけ

今回京都で宿泊したホテルは「京都ブライトンホテル」
このホテルに泊まるのはすでに4回目です。
なぜかわからないけどいつもタダ券が手に入り
このホテルが行くことになるのです。

私的には「呼ばれている?!」としか思えない。

しかもこの場所、
なんと安倍晴明の屋敷跡だと言われています。
(といっても駐車場の部分だけらしいよ)

ホテルの人に聞いてみたら
「ホテルの前は学校が建っていて、その学校が
安倍晴明とゆかりがあって…」というウワサもあるらしい。

あと私の記憶では
ブライトンホテル=橘=安倍晴明っていう気がするんです。
自分のなかで、ブライトンホテルの紋は「橘」だと思いこんでいたら
ゼンゼン違ったんだよね。
それでブライトンホテル=橘ってつながりはないのかな?と
思っていたら、なんと今回見つけました。
そうそれはまさにホテル裏側の従業員入り口付近に!
「橘のなんちゃら〜」という歌がかかれた石碑があったんです。
あれは何だったんだろう?!

ところで今回は橘=安倍晴明のつながりもわからなくなっています。
誰か知ってる人がいたら教えてください。
↑↑↑
と、ここまで書いてからネットで検索したら
安倍晴明の母は「母: 不詳
霊狐という伝承や遊女(ここでは各地を遍歴して神降ろしや託宣をする巫女を意味します)、橘文子(たちばなのあやこ)という説」
とありました。


以上旅報告おわり。
| つるち | 風水ネタ。 | 23:44 | comments(9) | trackbacks(0) |